高給を得られる保健師の求人を探すにはどうすれば良いか

保険師1

保健師は、地域の医療や保健福祉などに携わる専門職として全国各地で活躍の場が増えています。そうした中、保健師として高給を得るためには、様々な現場で通用する専門的なスキルを身につけるのはもちろんのこと、就職活動中にエージェントに相談したり、転職支援サイトを使ったりして条件が良い求人を見つけることも重要となります。

将来に繋がるスキルを習得できる職場で経験を積もう

保健師は、医療現場や行政機関、福祉施設、一般企業など様々な現場で必要とされており、豊富な実務経験や専門スキルを持つ人材が好まれる傾向が見られます。そうした中、将来的に保健師として高給を得たい場合には、医療や福祉などの現場で直接役立つスキルを習得できる職場で経験を積むことがとても大切です。

たとえば、各地の総合病院や介護施設の中には、若手の保健師のキャリアアップの支援に力を入れているところが多くあり、資格を取得してすぐ働き始めることが可能です。また、職場によっては仕事に慣れるまで先輩の有資格者にサポートをしてもらえたり、業務の合間に社外研修やセミナーなどに出席できたりすることもあります。

そこで、順調に保健師のキャリアを積むために、学生時代からインターンシップや職場実習などの機会を通じて、様々な現場で活躍している保健師の働きぶりについてしっかりと確認をすることがおすすめです。なお、保健師の業務内容や職場内で期待される役割については、事業内容に大きく左右されることがあります。

そのため、就職後に自分の適性や興味に合った仕事に取り組むうえで、在学中に適職診断をしたり、色々な事業所の人事担当者やベテランの保健師にアドバイスを貰ったりすると良いでしょう。

医療や福祉の人材募集が活発に行われている転職支援サイトを利用しよう

高給の保健師の求人を効率良く探したい人は、医療や福祉の人材募集が活発に行われている転職支援サイトを使って、人気のある事業所の求人条件をじっくりとチェックすることが大切です。最近では、初回に過去の学歴や職歴、保有資格などを登録することで、条件に合う求人をメールで紹介してくれるサイトも多くあり、転職回数が少ない保健師もすぐに魅力的な求人を選ぶことが可能です。

また、サイトによって保健師の求人掲載数にバラつきがありますが、一箇所の職場で長く働きたい人は、単に求人の数だけでなく、それぞれの求人の勤務地にこだわることも大事です。保健師の有資格者が多く利用している転職支援サイトの魅力については、数々の転職者向けの情報誌やポータルサイトなどで取り上げられることもあるため、時間があれば信頼できるツールを利用してみるのも良いでしょう。

一般的に、医療現場や介護事業所などで長年の保健師業務の経験がある人は、転職支援サイトに登録をしてから一か月も経たずに好条件の求人を見つけることが可能です。一方で、業務経験が少ない人や、子育てや親の介護などを理由とするブランクがある人は、内定を得られるまでに時間が掛かる傾向があるため、慎重に転職活動の計画を立てることがポイントです。

医療や福祉の業界に詳しい転職エージェントに職場を紹介してもらおう

保健師が効率良く希望通りの職場を見つけるうえで、医療や福祉の業界に詳しい転職エージェントに相談して、人気の職場を直接紹介してもらうといった方法もあります。

たとえば、医療や介護の現場で管理職を務めたことがある人や、多種多様な業務に携わってきた人については、転職エージェントを通じて職場探しをすることで、高給の職場をすぐに選べるケースが多くあります。

最近では、医療従事者が不足している現場をはじめとして、ベテランの保健師を高待遇で雇い入れるところが増えています。そのため、豊富なキャリアがある人は、くれぐれも妥協することなく将来性のある職場を見つけることが大切です。

また、転職エージェントによっては求職中の保健師が上手く自分の経験や能力を相手方の事業所にアピールできるよう、書類選考のコツをレクチャーしたり、担当者が面接に同席したりするところもあります。そうした中、安心して付き合える転職エージェントを選ぶには、実際に転職活動を成功させた保健師に話を聞いたり、複数のエージェントの過去の内定の実績に目を向けたりすることが肝心です。

その他、転職エージェントによっては、登録料の支払いが必要なところや、求職登録の手続きが面倒なところもります。そこで、なるべく時間を掛けてそれぞれのエージェントのシステムの違いを把握することが大切です。

医療従事者を対象とした転職イベントに足を運ぼう

恵まれた待遇で保健師として定年まで働きたい人は、医療従事者を対象としたフェアや相談会などの転職イベントに足を運んで、気になる事業所の担当者と積極的にコンタクトを取ることが大事です。イベントの種類によっては、予約なしで参加できるものや、会場内で一次面接を受けられるものもあるため、職場選びのチャンスを広げるうえで、余裕を持って人気のあるイベントの特徴を知ることがおすすめです。

また、高給の保健師の求人は、実務経験や年齢、保有資格などの応募条件が厳しく設定されているものも多々あります。そうした中、有利な条件で就職活動を進めるために、イベントの際に採用担当者や現場で実際に働いている保健師に相談をして、現場内で求められる人材についてしっかりと確認することが大切です。

求職中の保健師を対象とした研修会や勉強会などのチャンスも有効活用しよう

最新の医療や福祉の事情についてあまり自信が無い人は、求職中の保健師をターゲットとして開かれる研修会や勉強会などのチャンスも有効活用するのがおすすめです。こうした会合の中には、保健師の有資格者であれば一回あたり数千円で申し込めるものや、手ぶらで来場できるものもあるため、就職活動の合間に気軽に参加をしてみると良いでしょう。

また、単に一方的に医療や福祉に関する事項を学ぶだけではなく、会場内で様々な立場の保健師と就職活動について意見交換をしたり、講師に職場選びのポイントについて有意義な意見を聞いたりすることも大事です。

保健師が高待遇の職場をスムーズに見つけるには

保健師が給料をはじめとして待遇にこだわって職場選びをするには、在学中から保健師が活躍する現場の事情を把握したり、転職に役立つツールやエージェントを使いこなしたりすることがポイントです。また、転職に向けて保健師として必要なスキルを磨いたり、研修会や勉強会に出席をして様々な立場の人と交流をしたりすることも有効です。